生後1ヶ月の赤ちゃんの特徴とは | 赤ちゃんの子育ての基礎がここにある!育児入門館

生後1ヶ月の赤ちゃんの特徴とは

生後1ヶ月の赤ちゃんについて教えて

赤ちゃん

生後1ヶ月過ぎると赤ちゃんに皮下脂肪がついてくるので、徐々に見た目がふっくらしてきます。

この時期になると皮脂の分泌量も増えてくるので、顔や頭に小さな湿疹(しっしん)ができたりします。これを脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)と言います。
湿疹ができないように、できる限り赤ちゃんを清潔な状態にして上げましょう。
※あまりに湿疹がひどい時は、皮膚科で見てもらいましょう。

赤ちゃんの手足の動きも、徐々に力強く活発になってきます。
布団を蹴ってしまったり肌着が脱げてくることもあります、注意深く見てあげて下さい。
※寒い季節は特に注意しましょう。

1ヶ月の赤ちゃんの育児で気を付ける事はありますか?

おっぱいや哺乳びんの飲み方になれてくるので、飲む量も少しずつ増えてきます。

そうすると、うんちやおしっこの量・回数が増えてくるので、オムツかぶれを起こさない様にまめにチェックして上げましょう。

生後1ヶ月の赤ちゃんの特徴まとめ

 

・皮下脂肪が増え少し丸みを帯びてきます。

・「あ~」や「う~」と声を出す事があります。

・動いている物を目で追う様になります。

・おっぱいを飲むのが上手くなり、授乳の間隔が2~3時間おきになります。

・ゆびを少しずつ動かせるようになってきます。

・おへそのブヨブヨもキレイにとれます。