生後8ヶ月の赤ちゃんの特徴とは | 赤ちゃんの子育ての基礎がここにある!育児入門館

生後8ヶ月の赤ちゃんの特徴とは

生後8ヶ月の赤ちゃんについて教えて

赤ちゃん

生後8ヶ月頃になると赤ちゃんの殆どが、お座りが安定してきます。

他にハイハイができる様になるのもこの頃が多く、色んなハイハイの
スタイルが見られます。

赤ちゃんによってハイハイのスタイルが違います。

・おなかを床に付けた状態でハイハイをするずりばい

・手と足の裏をつけて、動物の様に歩く高ばい

・自衛隊のほふく前進の様に肘でハイハイするひじばい

などがあります。

自分たちの赤ちゃんがどのハイハイをするのか、ぜひ皆で予想してみて下さい。

生後8ヶ月の赤ちゃんの育児で気を付ける事はありますか?

早い赤ちゃんだとつかまり立ちをする子もいる時期です。

赤ちゃんに合わせたお部屋づくりが、まだできていない方は、まず机の角などに保護カバーを付けましょう。

赤ちゃんがつかまり立ちして、こけた時にケガをしない様に対策をして上げましょう。

生後8ヶ月の赤ちゃんの特徴は?

・お座りが安定してきて、両手を使った遊びをする機会が増えてきます。

・早い子供であれば、つかまり立ちをするかも!

・乳歯がはえてきます。

・ハイハイができる子が増えてきます。

・指の細かな動作ができる様になり、ものを握ったり・ちぎったりして遊びます。

・ママが見えなくなると泣いたり、後追いをします。